ケンコープラス海外医薬品通販 5,000円以上で送料無料 AGA ED治療 ジェネリック

【年末年始営業日のお知らせ】
年末年始の営業に関して下記の通りお知らせいたします。
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)終日 ※始業は2020年1月6日(月)9時からです。詳しくはこちらのページをご覧ください。

あんしん保証


LINE@友達登録

ED治療薬

ジェネリックって何?

まつ毛美容液

お買い物ガイド

満足度保証プログラム

電話注文
電話注文

9:00〜18:00

お電話でのご注文承ります。

ご注文専用番号

受付時間 9:00 〜 18:00
(土日祝祭日および年末年始・夏季休暇を除く)

【必須】ご注文確認メールを受信できるようにしてください。

ご利用前に「電話注文に関する注意事項」を必ずご確認ください。

ご注文以外のご用件はこちらをご利用ください。

商品の効果・副作用等についてはお答えできかねますので予めご了承ください。

混雑時には折り返しのお電話になる場合がございます。予めご了承ください。

メール注文
メール注文

24時間受付

メールでのご注文承ります。

下記アドレス宛に必要事項をご記入の上送信してください。

ご注文専用メールアドレス

メールを確認でき次第、当サイトスタッフより返信メールにてご連絡差し上げます。

メールの入力例はこちら

LOH症候群とは?

LOH症候群

最近、何事にもやる気が起きない、疲れやすい…。
それ、男性ホルモンの低下で起きるLOH症候群かもしれません。

LOH症候群とは?

LOH症候群(late-onset hypogonadism)とは、男性ホルモン(テストステロン)の部分的欠乏によって起こる症候群のこと。加齢男性性腺機能低下症候群(PADAM(partial androgen deficiency of the aging male))、男性更年期障害とも呼ばれます。

欧米では 1980年代より老年病学や生殖内分泌学の観点から注目されていましたが、日本では診療対象外とされてきました。しかし21世紀に入ってからの急激な高齢化社会化をきっかけに治療対象として見直されました。

LOH症候群解説

LOH症候群は男性ホルモン(テストステロン)値が低い病気です。
男性ホルモンは20歳頃をピークに年齢とともになだらかなカーブを描いて減少していき、70歳を越える頃に正常限界値の8.5を下回るようになります。しかしLOH症候群の場合、早いければ40代でこの値を下回ることがあります。

男性ホルモン(テストステロン)は主に精巣で作られ、筋肉や骨を作ったり、性機能を維持したりする役割のほか、脳の認知機能にも関わっていると考えられており減少により次のような症状が現れます。

●精神症状
集中力の低下、無気力、不安感、頭のもやもや感、イライラ感、うつ、疲労感、不眠、記憶力の低下

●身体症状
不眠、精力低下、多汗、勃起障害・性機能低下、筋力低下、筋肉痛、ほてり、発汗、頭痛、めまい、耳鳴り、頻尿、朝勃ちの消失

●その他
骨減少症と骨粗鬆症に伴う骨塩量の低下と骨折のリスク増加、内臓脂肪増加による生活習慣病のリスク増加

LOH症候群の原因・要因

男性ホルモン(テストステロン)の減少には加齢の他にストレスが大きく関わっていることが分かっています。
強いストレスが長時間続くと、脳からの男性ホルモン(テストステロン)生成指令が発せられなくなります。
男性の50~60代に患者数が多いのは、加齢によるテストステロンの減少に加え、職場や家庭でのストレスの多い時期だからかもしれません。

セルフチェック

朝の勃起が2週間以上ない場合は強い疑いがあります。
医師の診断を受ける前に自身でセルフチェックしましょう。
以下の<セルフチェック17項目>を5段階(非常に重い:5点、重い:4点、中程度:3点、軽い:2点、無し:1点)でチェックして点数を合計し<判定結果>を参照します。 ※日本泌尿器科学会などのホームページでも紹介されています。

<セルフチェック17項目>
  • 総合的に調子が思わしくない (健康状態、本人自身の感じ方)
  • 関節や筋肉の痛み (腰痛、関節痛、手足の痛み、背中の痛み)
  • ひどい発汗 (思いがけず突然汗が出る。緊張や運動と関係なくほてる)
  • 睡眠の悩み (寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない、浅い睡眠、眠れない)
  • よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
  • いらいらする (当り散らす、些細なことにすぐ腹を立てる、不機嫌になる)
  • 神経質になった (緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
  • 不安感 (パニック状態になる)
  • からだの疲労や行動力の減退 (全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかさないと何もしない)
  • 筋力の低下
  • 憂うつな気分 (落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感)
  • 「絶頂期は過ぎた」と感じる
  • 力尽きた、どん底にいると感じる
  • ひげの伸びが遅くなった
  • 性的能力の衰え
  • 早期勃起(朝立ち)の回数の減少
  • 性欲の低下 (セックスが楽しくない、性交の欲求が起こらない)

<判定結果>
26点以下:問題なし
27点~36点:軽度
37点~49点:中程度
50点以上:重度

治療

女性の更年期障害は多くの場合回復しますが男性の場合は治療なしでは回復しません。
医師に相談した上で男性ホルモンを補充する治療が必要です。

●エナント酸テストステロンの筋肉注射
注射の頻度は、125mg/回なら2〜3週間隔で、250mg/回なら3〜4週間隔となる。血中濃度の変動が大きいので、投与後4〜7日目経過した頃に血中遊離型テストステロン値のモニタリング実施が推奨されています。日本では「テスチノンテポ-筋注用125/250mg」として製剤化されています。

●胎盤性性腺刺激ホルモンの筋肉注射
胎盤性性腺刺激ホルモン(hCG)1回 3,000〜5,000単位を週1〜2回あるいは2 週間毎に筋肉注射します。hCG testの反応良好例に限られますが、エナント酸テストステロンを直接投与するよるも血中濃度が安定するメリットがあります。

●テストステロン軟膏塗布
テストステロン軟膏を1回3gを1日1〜2回陰囊表面に塗布する(1回 3mg テストステロン相当)。投与が容易で血中テストステロン濃度の変動が少ないというメリットがあり欧米では主流になりつつありますが日本では保険適応外です。

▽ケンコープラスで購入できるおススメ商品
アンドロフォルテ(ANDROFORTE) クリーム 50g

受診はどこで?

男性更年期障害の診療は男性更年期障害専門外来やメンズヘルス外来などが最適ですが泌尿器科でも受診できます。日本Men’s Health医学会のホームページ(http://www.mens-health.jp/)には全国のメンズヘルス外来が掲載されていますので参考にしましょう。

医師の診断〜治療

問診票やAMSスコアなどに記入、採血してテストステロン値を調べます。AMSスコアが50点以上、遊離型テストステロン値が8.5pg/ml以下であれば男性更年期障害と診断されます。
診断がついたら、漢方薬やテストステロン補充療法による治療と生活改善を並行して行っていきます。
漢方薬でよく便われるのは、テストステロンを増やす効果がある"補中益気湯(ほちゅうえっきとう)"です。

予防・改善

症状の改善と予防のために生活習慣も改善しましょう。
予防や男性ホルモンを上げるためには次のような生活習慣の改善が重要です。

●食事
バランスのとれた食生活を心がけることが前提です。
艮質のタンパク質(肉〔牛/豚/鶏〕、魚、卵、牛乳、豆類)を欠かさずとりましょう。
ニンニク、タマネギなどのネギ類や、ヤマイモなどのネバネバ食品は男性ホルモンの増加に効果があるといわれています。

●運動
たまの激しい運動よりも適度な運動を継続して行う方が効果的です。
筋肉を使うことでテストステロンが増えストレス解消にもなります。
おススメは一日30分程度の早歩きとスローを交互にするウォーキングです。

●睡眠
良質な睡眠は大切です。
睡眠中はリラックスして副交感神経優位となりテストステロンが分泌されます。
逆に一晩徹夜をすると2〜3日はテストステロンが下がったままになります。

●生きがい
ストレスを感じ緊張状態が続くことは男性ホルモン(テストステロン)分泌に悪影響します。
生活に張り合いを感じられる趣味を見つけ楽しむことが大事です。


information